みっみっみ!
そんなこたぁない
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/02/16(金)   CATEGORY: マビ
旅人 ~第一話 砂の大洋~
照りつける日差しの暑い、真昼の砂漠。

水の一滴もない過酷な大地。

荒野と砂の大洋に、今、一人の旅人が降り立った。
旅人の名はレヴァネス。
ウィンドミルトレーニングをしながら各地を流離う男。
今回彼は、砂海の彼方に存在するというエルフの村、そのすぐ傍にあるという遺跡を目指していた。

目的は勿論、ミルトレ遺跡探索である。



イリア地図
今日もまた日が沈む。
吹き荒ぶ砂嵐の向こうにまだ見ぬ地を求め、彼は歩いた。

行けども行けども砂の海には果てがなく、
求めるものは蜃気楼の彼方にすら見えはしない。


――――やはり、噂は噂でしかないのか。
      人の口端に残る伝承でしかないのか―――――


レヴァネスは茜色に染まる空を見つめ、握り締めた一枚の地図を広げた。

地図
イリア大陸の地図。

未だその広大すぎる世界はその全容を見せてはいないが、
この地図は実際に彼の友が現地へ行き、記したものだ。

既にこの世を去った友ではあるが、彼の言葉は良く覚えている。


曰く、

『ロンガの砂海の果て、俺は生涯唯一度きりあれを見た。
 広大な砂漠の只中に、吹き荒ぶ砂風に埋もれることもなく鎮座するその威容を。どのような文明が作ったのかも分からぬ、四角い穴の奥底に眠る遺跡を、この目で見たんだ』


年老い、レヴァネスよりも遙かに時を経た友は、その話をする度に皺だらけの目元を細めて、まるで少年の様に語った。そしてレヴァネスもまた、それを聞くたびに目を輝かせてその地を夢見た。

あれから数年。
友が去った後、レヴァネスはその遺跡の情報を集め始めた。
人々の噂を元に遺跡の場所に当たりをつけ、過酷な修行(ミルトレとかミルトレとかミルトレだけどね)を超えて力をつけた彼は、いよいよ遺跡に向けて旅立つに到った。

きっと俺が、その遺跡の謎を解いてみせる―――――

亡き友の墓前で決意して故郷を旅立ち、この異郷の地へと降り立って、既に幾日が経過したのだろうか。

彼は焦っていた。
食料はとうに底をつき、既に買えることなど考えて居なかった。何故なら友に立てた誓いが、彼に後戻りを許さなかった。


迷走

しかし、砂漠は無慈悲だった。
吹き荒れる砂塵は猛威を振るい、そんな彼の想いすらも無関係に飲み込もうとする。

以前にも訪れたであろう、幾多の旅人と同じように――――レヴァネスもまた、ロンガ砂漠の過酷さの前に、倒れようとしていた。


駄目なのか。
俺は友との誓いも果たせぬままここで朽ち果て、消えていくのか。


レヴァネスが自らの運命に力尽き屑折れかけた、そのとき。


ロンガ遺跡

ついに彼は、それを見付けた。

何度も諦めかけ、幾度も絶望した。
それでもたった一つの誓いを胸に歩き続けたその果てに。


彼は、友の長い物語の中にあったその存在を、現実のものとして見ることが出来たのだ。


「あれが・・・ロンガ遺跡、か・・・」

万感の思いを込めて、呟く。

「ついに、ついに辿り着いた。あの時の物語に。アンタの夢に。
 俺は今この目で、この足で。たしかに辿り着いてみせたぞ・・・・・・じいさん」


ロンガ遺跡2

レヴァネスは歩き出した。

死にかけていた体が嘘の様に軽く、その足はしっかりと砂を踏みしめた。

焼け付くような焦燥は消え
凍えるような諦観は吹き飛び
狂おしいほどの絶望は去った。

今、目の前にあるのは唯一つ、友との誓い。
この遺跡に何が眠っているのか、それを解き明かすという誓い。

レヴァネスは剣を手に、遺跡の淵に足をかける。
この先には、様々な罠やモンスターが待ち構えていることだろう。

躊躇いはない。
止まるつもりはない。

「何がこようと・・・・・・俺の邪魔はさせない」


深く長い階段を、彼は降り始めた。

もう、その歩みは止まらない。






ウィンドミルをランク1にするまでは。



旅人 ~第一話 砂の大洋 完~





ごめ、何書いてるのか自分でもわかんないわwwwww

しかも長すぎて収まらなかった・・・三話構成くらいになりそうだなこれ@@;

ちなみに実際のレヴァネスは格好よくもないヘタレです。以上。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みっみっみ!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。